[ Studio iG ] 業務日誌

こちらは、レンタルハウススタジオの「Studio iG」のblogです。東京都府中市にあります。白を基調とした、広い空間の自然光スタジオです。また広い芝生の中庭もあります。スチール・ムービーの撮影以外にも、動画生配信、オフ会、習い事教室などとしてもご利用いただけます。スタジオ内で行うことが可能は事にはご対応いたしますので、まずはご相談ください。お問合せをお待ちしております。 http://www.studio-ig.com/ Mail: info@studio-ig.com
MENU

ENTRY NAVI

蛍光灯照明が無料貸出物として加わりました

こんにちは。武蔵野の中です。
公式site、そしてこのblogへの多くのアクセス、ありがとうございます。
これから色々な情報を発信していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

さて、今日は新しい照明設備の紹介です。
今まで、ストロボ+ジェネレーターしか常備されていませんでした。
企業様が使われるには、もちろんそれで十分です。
あとは、大体外光のみか大型照明を持ち込んでらっしゃいます。

これは、あくまで企業様の場合です。
私みたいな個人が使用する場合、1体1の撮影ならストロボ+ジェネレーターを使えます。
でも個人の場合、1対1というより、撮影会みたいな1対複数の撮影の場合が多いはずです。
そうなるとストロボは、使用できないですよね。

私も他のスタジオに行って撮影をしていますが、やはりストロボより定常光照明のほうが、みんなで撮影するには使い勝手がよいです。

当スタジオも昨昨年から個人様にも広くレンタルをはじめ、さらにゆくゆくスタジオシェア(すでに始めましたが)、撮影会などを企画して行っていきたいなと考えたので、蛍光灯照明を2台購入しちゃいました!



90cm×90cmのライトBOXです。
200w相当の蛍光灯が、9個取り付けられます。
全部あわせると、1800w相当です。
点灯している状態で撮影忘れてしまったのですが、直接当てるとかなり強烈です。
さすが、9灯!

試しに2stの中で、照らしてみました。


(ISO:400、S:1/15、F:3.5、露出補正:-1EV)
この状態が室内はめ込み照明のみでの、夜の見た目の2stの明るさです。
暗いでしょ?

部屋が明るくなるように撮影すると

(ISO:400、S:1/4、F:3.5、露出補正:+1EV)
こうなります。
このSスピードでは、三脚+モデルさんには動かないで!、が前提になります。

そこで、先ほどの蛍光灯照明の登場です。

(ISO:400、S:1/30、F:3.5、露出補正:+1EV)
ずいぶん明るくなりましたね~。
左右それぞれから、当てています。
センターの椅子までの距離が、大体3mちょっとです。
左からは高さ2.5mくらいから、右からは机と水平になる位置に置いています。

左上からの光が、机の脚の影とか本棚の奥の影をみると、強いですね。
また、右からの光のバランスがよくない気がします。

ちょっと点灯する蛍光灯の数を減らしてみましょう。

(ISO:400、S:1/25、F:3.5、露出補正:+1EV)
左のライトで、2灯消し7灯点灯状態です。
前よりは、影少し弱くなりましたね。

次に試しに、左からのライトも机と同じ高さぐらいにしてみました。
(全灯、点灯状態です)

(ISO:400、S:1/30、F:3.5、露出補正:+1EV)
極端に強い影は、なくなりましたね。
実際に人が居るのと居ないのでは、また変わってきますけどね。
あと好みにもよりますね。

で、次に左からのライトを後ろに下げて、離してみました。
たしか、さらに1mさげて4mくらいの距離で、高さははじめと同じ2.5mくらいのところからです。
(全灯、点灯状態です)

(ISO:400、S:1/25、F:3.5、露出補正:+1EV)
数値的には光量は下がりましたが、見た目はやはりまだ強いかな、と思います。

同じ位置で、左のライトを2灯消してみましょう。

(ISO:400、S:1/20、F:3.5、露出補正:+1EV)

見た目の感じ的には、これくらいがいい感じですね。
ただ、Sスピードが1/20は、辛いかも。
夜は、やはり三脚が必須でしょうか。

という蛍光灯照明です。
曇りで室内が暗いとき、大人数で撮影会をするときなどに、きっと役に立つと思います。
スタジオに常備されていますので、ご使用ください。


拍手[0回]

1スタの内装のご紹介

2スタに続いて、1スタの内装のご紹介します。
1スタは2スタより狭いですが、大きなキッチンとバスタブがあります。
キッチンはガスがひいてあるので、実際に料理が出来ます。
そしてバスタブには、お湯が張れますます。ただ、シャワーがないのが、ちょっと残念なんですけどね^^;
(キッチンを実際に使用する場合、バスタブにお湯を張る場合、別途料金が発生いたします)

平面図です。記入されている番号が、以下の写真に埋め込まれている番号に対応しています。














拍手[0回]

2スタの内装のご紹介

公式siteがPC専用になっているため、スマートフォンや携帯電話から見ることが出来ません。
(スマホには早く対応したいのですが・・・今の所見通しがありません><)

なので、こちらにスタジオシェアを行う2stの内装写真を貼ります。
ご参考にしてくださいませ。

平面図です。記入されている番号が、以下の写真に埋め込まれている番号に対応しています。




























*家具は、他にもあります。
*写真に映っています鉢植えの植物は、現在ありません。

拍手[1回]

2スタの備え付け照明を交換しました

照明と言っても、撮影照明機材ではなく、所謂天井の備え付け照明のお話です。
2スタの備え付け照明は、直管蛍光灯の間接照明と、クリプトン電球のダウンライトの2種類からなっております。
つまり、蛍光灯と電球色のミックス光になっていました。
このような、感じです。


(ISO400  S:1/15  F:5.0  WB:蛍光灯  カメラ:PowerShot G10)

写真の右上から、直管蛍光灯による間接照明の光が照射されています。
(写真は作業時間帯の問題で、少々外光が混ざってしまっています)
色が汚いですよね。

もともと当スタジオは企業様向けのレンタルスタジオだったので、「照明持込」ある程度普通のことなので、備え付け照明は点灯しない状態での撮影が多かったのです。
ですが、これは個人様には使い勝手があまりよくありませんよね。
分かってらっしゃるカメラマンでしたら、撮影場所ごとにWBの調整をしたり、外部ストロボの光100%で撮影することになると思います。

なので、思い切ってクリプトン電球を蛍光灯電球に交換しました。

(同設定)

白すぎ感じになりましたが、ただWBをちょっと調整するば、温かみのある白になると思います。
これなら撮影場所ごとに、いちいちWBを調整しなくてもいいと思います。


ただし、左奥の階段の部分だけ、構造の都合でクリプトン電球を交換できませんでした。

(ISO400  S:1/4  F:5.0  露出補正:-1/3  WB:昼光(太陽)  カメラ:PowerShot G10)


(同設定)

これはこれで雰囲気があってよいと思いますが、撮影時は色々と工夫して撮影する必要はあります。
(光量は足らないので、夜に手持ちでの撮影は厳しいです。)


皆さんの使い勝手のよいスタジオにするため、現在色々と手を加えております。
是非皆さんにご使用いただき、またご意見をいただけると幸いです。

宜しくお願いいたします!

*撮影目的によってご要望がありましたら、蛍光灯電球をクリプトン電球に交換もいたしますので、お気軽にお申し付けくださいね。

拍手[0回]

blogを開設いたしました



公式siteでは紹介しきれていない業務内容やスタジオの詳細、機材の紹介、
またイベント企画などのお知らせをスピーディーにするため、blogを開設いたしました。
こちらも、是非チェックしていただけますようお願いいたします。

拍手[1回]

× CLOSE

プロフィール

HN:
[ Studio iG ] staff
性別:
非公開

P R

× CLOSE

Copyright © [ Studio iG ] 業務日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7