[ Studio iG ] 業務日誌

こちらは、レンタルハウススタジオの「Studio iG」のblogです。東京都府中市にあります。白を基調とした、広い空間の自然光スタジオです。また広い芝生の中庭もあります。スチール・ムービーの撮影以外にも、動画生配信、オフ会、習い事教室などとしてもご利用いただけます。スタジオ内で行うことが可能は事にはご対応いたしますので、まずはご相談ください。お問合せをお待ちしております。 http://www.studio-ig.com/ Mail: info@studio-ig.com
MENU

ENTRY NAVI

1スタのキッチンにIHクッキングヒーターと電子レンジが入りました

1スタのキッチンに、
IHクッキングヒーター

電子レンジ
がはりました。





拍手[0回]

ソファーベッドを入れました

新しく、クリーム色のソファーベッドを入れました。

中古なんですけど^^;

こんな3人掛けで、低いソファーベッドです。ちょっと大きめですよ。
 



背もたれを倒すと

こんな感じにフラットになります。

通常は2スタに設置してあります。

拍手[0回]

クリスマス用イルミネーションを用意してみました

季節は12月になり、夜の街もイルミネーションで彩られていますね。
もとより自然光をメインとしている当スタジオですが、前々から光の演出をしてみたかったので、
チャレンジで2つのイルミネーションを用意してみました。
こちらは、貸切でのご利用でのお客様は、無料機材としてご利用いただけます。
また平日スタジオシェアにおいては、1時間延長されましたお客様に無料でお貸出しいたします。

(掲載写真のWBは、「太陽」です)


**************
ストレート
LED球 200球   色は4色
1本 17m × 2本

直結できると歌っていたのですが、直結すると長すぎて電力が足りず後のほうが光りませんでした。
それぞれ独立して使用することになります。

まずは、2スタの階段部分に撒きつけてみました。
時刻は16時代です。まだ少し明るい時間です。

LEDの光がどうも弱いように見えます。
反射するものがないので、光の「点」にしかなりませんでした。

次にロフトからLEDマグライトを当てて、スポットライトのように
してみました。

雰囲気は作れたと思います。

真っ暗になったので、蛍光灯照明を弱く当ててみました。

こうなりますね。


最後に、中庭に川のように敷いてみました。

これは雰囲気があって、ありだと思います。
この中に立って、スポットライト的なものを当てれば、バッチリでは!?



**************
ナイアガラ
LED球 300球   色は4色
1本 横幅1.8m カーテン部分の長さ2m  ×2本

こちらは連結できます。ただし、光り方をコントロールするコントロール器は独立しており、
連動できません(そのうち直結しちゃいます)。

2スタのロフトの手すりから垂らしてみました。
時刻は先ほどと同じ、16時代です。少し明るい状態です。

白の壁の部分に光が反射して、綺麗に光が広がっています。

真っ暗な状態だと、こんな感じです。


 
次に、2スタの外のテラスから垂らしてみました。

真っ暗な時間だったので、このようになりました。




どうでしょうか?
個人的に「ん~」な感じなのです。何か手を加える必要があるような気がしています。
また、真っ暗な中ではあまり印象的ではありません。若干光がある+何かの上に乗っている状態が効果的なようです。空中にぶら下げると、反射するものが無く、単に光の点だけになってしまいます。
クロスフィルターなどを併用すると、良いかもしれません。
(ストレートは、個人的には購入しなおそうかと思っています。シャンパンゴールドのほうがいいかなぁ)

拍手[0回]

クリスマス スペース完成しました!(2スタ)

12月に入りましたので、2スタにクリスマス スペースを作りましたよ。

昼間は、こんな感じです。
ツリーは180cm(天辺まで)+下に台を置いて嵩上げしてます。


日没後、イルミネーションだけで撮影だと
 
こんな風に、雰囲気がある感じになります。

にしても、トナカイが強烈ですね^^;


12月一杯は、この状態でスペースをキープします。
是非遊びに来てくださいね。

拍手[0回]

バブルマシーンでシャボン玉遊び

スタジオのアイテムとして、バブルマシーンを用意しました。



こちらです。
早速試運転してみました。



こんな感じで、シャボン玉が作られます。
意外と感動です(笑)
どうしても風で左右されてしまうのですが、いい感じで吹いてくれれば、
こんな感じで広がってくれます。
また中庭に置いてテストしてみましたが、上のキャットウォークに置いて、
シャボン玉を上から降らすのもありかと思います。

こちらのバブルマシーンは、有料にて貸出しいたします。

・貸出しは、バブルマシーンとシャボン玉液(約1L)のセットです。
・料金は、1回100円です!
・シャボン玉液は、有料で追加できます。
・使用できる場所は、中庭のみです。

是非ご利用になって、遊んでみてください。

 

拍手[1回]

2スタのソファーの衣替えと、小窓にちょっとアクセントを付けました

暑い日が続いていましたが、季節も変わったので、ちょっと衣替えをしました。

2スタのソファーとクッションのカバーを、夏使用から秋春使用で暖かい色のものにしてみました。



写真では分かりにくいのですが、ソファーカバーは小さい花柄模様です。



あと、同じく2stの更衣室手前の小窓に、ステンドガラス風のパネルを付けてみました。

元から何か目隠しが必要だなって思って小窓だったので、
ちょっとした撮影場所にでもなればと思って、こんな感じにしてみました。
実は意外と材料費がかかってしまってます^^;


UPでこんな感じです。
横幅が大体50cmくらいなので、UP系しか撮れないかもしれませんが、良かったらご使用ください。

拍手[0回]

1スタの明るさについて その2

本日1スタのキッチンの周りに透過性のある布を張って、
投光器4灯を使って、どのくらいの明るさになるかのテストをしました。
屋外は曇り。グレーの雲が低い高さに立ち込めていたので、暗かったです。
大窓のカーテンは、一応開けていました。

で、照明の無しの状態で

ISO:800  S:0.4s F:4.5

数字から、どうしようもない暗さというのがお分かりいただけると思います。
ISOを1600にしても、変らないですね。


で、投光器を点灯させたら

ISO:400  S:1/15 F:4.5


ISO:400  S:1/10 F:5.6


ISO:800  S:1/20 F:5.6


と言う結果になりました。
点灯無しから比べれば、劇的に良くなっている数字なんですが、
それでも低いですよね。

撮ってないのですが、この結果からすれば、
ISO:800  S:1/30  F:4.5
が最低ラインの設定値になるかと思います。
あとはストロボを併用していただき、
シャッタースピードを手振れしないスピードに
設定していただければと思います。


ご迷惑をおかけいたします。




もう2灯購入して、投入してみるしかないのかな。

拍手[0回]

赤いチェアと観葉植物が仲間に加わりました

スタジオに、新しい仲間が加わりました。


赤いチェアと観葉植物です。
人口物ですけどね^^;
チェアは、本社から持ってきたんですけどね。
白い壁とフローリングの部屋の中に、緑が入ってアクセントになると思います。

観葉植物とソファーを並べると
 
こんな感じになります。

さらに本棚には

小さい鉢の観葉植物を入れてみました。


やっぱり緑があるっていいですね。

拍手[0回]

1スタの明るさについて

1スタの明るさについて、ご説明足します。
構造上の問題(半地下、天井に一般的な蛍光灯照明がない、2スタのテラスによる遮光)により、
晴天の昼間でも暗い室内になってしまっています。

これが見た目の明るさです。
   


キッチンは奥のほうにあるので、さらに暗いです。

撮影者である私からしても、これは使い勝手は悪いと思います。
そこで、多少なりとも明るくするために、
LDE投光器を用意しました。



1000W相当だそうで、強烈です。直視禁止です(笑)

これを天井バウンズさせると、

これくらいにはなります。(上の写真と同じS・F値で撮影)

拍手[1回]

スタジオの看板がやっと付きました

じゃじゃ~ん
やっとやっと、や~~~~~~~~~と
スタジオの看板を、取り付けられました!


長かった。
何とかしなきゃと思ってから、5ヶ月以上かかってしまいました。
私がスタジオを任せられることになったとき、一番初めに思ったのが、
「なぜスタジオ名の看板がないの???
  それも昔の名前がそのまま残ってる???」

でした。
何ひとつスタジオの名前を現すものが ないって、おかしすぎ。
お客様が困るでしょ?
頭をひねれば、自分たちでも作ることができるのに。
ということでこの看板は、大判出力+アクリル板で作りました(笑)。
制作費は15,000円くらい(笑)
将来スタジオに色々手を入れたいので、それまでの繋ぎでいいのです。
まず看板を付けること重要!
(でも5ヶ月かかっちゃったら、偉そうな事言えないね)
出力は7月中旬には出来上がってたんですが、
先に優先してやらなきゃならないことがあったんで、
今になっちゃいました。


これでスタジオ前で、
「ここでいいの?」
とお困りになることはなくなると思います。
お越しいただいていた皆様、
迷わせてしまい申し訳ありませんでした。










ちなみに看板の左側のスペースが空いてるは、
新しいマークを作りたく、
それが出来たら張る予定なのです。
マーク考えるのは、これからだけど^^;

拍手[0回]

× CLOSE

プロフィール

HN:
[ Studio iG ] staff
性別:
非公開

P R

× CLOSE

Copyright © [ Studio iG ] 業務日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7