[ Studio iG ] 業務日誌

こちらは、レンタルハウススタジオの「Studio iG」のblogです。東京都府中市にあります。白を基調とした、広い空間の自然光スタジオです。また広い芝生の中庭もあります。スチール・ムービーの撮影以外にも、動画生配信、オフ会、習い事教室などとしてもご利用いただけます。スタジオ内で行うことが可能は事にはご対応いたしますので、まずはご相談ください。お問合せをお待ちしております。 http://www.studio-ig.com/ Mail: info@studio-ig.com
MENU

1スタの明るさについて

1スタの明るさについて、ご説明足します。
構造上の問題(半地下、天井に一般的な蛍光灯照明がない、2スタのテラスによる遮光)により、
晴天の昼間でも暗い室内になってしまっています。

これが見た目の明るさです。
   


キッチンは奥のほうにあるので、さらに暗いです。

撮影者である私からしても、これは使い勝手は悪いと思います。
そこで、多少なりとも明るくするために、
LDE投光器を用意しました。



1000W相当だそうで、強烈です。直視禁止です(笑)

これを天井バウンズさせると、

これくらいにはなります。(上の写真と同じS・F値で撮影)


バスタブエリアを、自然光のみと投光器2灯ON状態(天井バウンズ)で比較撮影してみました。
(ISO400  F5.6)

投光器+クリップオンストロボで、ISO400、S1/30、F5.6で何とか撮影できると思います。
できれば、ISOはもっと上げてシャッタースピードを早くしたほうがいいでしょう。


同じ条件でキッチン側を比較撮影してみました。
(ISO400  F5.6)

投光器をONしても、この比較からすればS1/13位でないと厳しいでしょう。
ISOを800以上にし、できれば三脚があるほうが無難です。


このテスト撮影時では投光器が2台だったのですが、
この結果を見てまだだめだと思って、もう2台追加し、計4台にしました。
ただ直射すると強い影ができてしまうので、当て方には工夫が必要になります。
(やってみたい当て方があるのですが、まだテスト出来ていません)



追記:投光器を4灯使って、照明のテストをしてみました。
          こちらからご覧ください(9/26)

拍手[1回]

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

プロフィール

HN:
[ Studio iG ] staff
性別:
非公開

P R

× CLOSE

Copyright © [ Studio iG ] 業務日誌 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7